羽村市のプロパンガス料金比較

東京都羽村市の平均価格と適正価格は?

東京都羽村市LPガス料金比較案内

平均価格

基本料金 従量料金
1,689円 476円

適正価格

基本料金 従量料金
1500円 280円〜350円

東京都羽村市のプロパンガス価格比較表

比較表(税抜) 基本料金 5m3使用時 10m3使用時 20m3使用時 50m3使用時
平均・相場 1689円 4069円 6449円 11209円 25489円
適正料金 1500円 2900円 4300円 7100円 15500円
適正価格との差額 189円 1169円 2149円 4109円 9989円
  • プロパンガス料金自動診断

    あなたのお家のガス料金はどのくらい?
    適正価格か判定してみましょう。

  • 地域別の適正価格を調べる

    あなたが住む地域のガス料金の適正価格を調べてみましょう。
    検針票の価格と比べてみてください。

羽村市のプロパンガス料金相場は何故高い?

ガス代を値下げする方法とは

営業激戦区が引き起こす条件合戦

羽村市は比較的プロパンガスが多い地域性です。都心部からも近く都市ガスエリアでありつつもプロパンガス物件が建ち並んでいます。

供給エリアとしているガス会社が多いこうした地域では、ガス会社が顧客獲得のための営業活動が盛んに行われています。一見、ガス会社同士の価格競争やサービス競争がおき、消費者にとってはプラスに働くイメージがありますが、昔ならがの悪しきガス会社の慣行的な営業体質が露呈しているのは大きな問題です。

他社よりも良い提案をして獲得したいガス会社は現実的ではない安すぎる価格を提案する事もあります。維持することができる価格帯の提案であっても、利益高を狙った後々の値上げが確認されています。

営業価格を持って売り込みにいくケースが頻発しています。つまり、提案時の価格は非常に安価で魅力的なガス会社として営業していきます。または、営業を委託された営業専門会社が売り込みに奔走しています。この場合、ずっと維持される価格ではなく、値上げを見越した価格の危険性を孕んだ提案である事を認識する事が大事です。

契約後の不透明な値上げによって多くの消費者は知らず知らずに値上げされてしまい、気がついた時には高いガス料金設定になっている事が報告としては目立っています。もちろんガス会社も値上げの際には事前通知の上で踏み切りますが、検針表に原料調整や原材料調整といった表現で通知する事が多い傾向です。その表現を理解していない消費者が多数となっており、検針表を毎回注意してみていないと気がつかないでしょう。

ガス業界が平均価格を吊り上げている?

ガス会社は料金設定を自由に行えるため、会社都合によって時勢に合わせて調整する事ができます。

値上げするには、原油価格の高騰など輸入価格が高まるタイミングで行う事が多いのですが、この考え方の場合は値下げも同様のカタチで行う必要があるにもかかわらず、値下げは値上げと同様の利益幅で推移しておらず、上下しながらも右肩上がりの料金形態になっている事も少なくありません。

さらに悪質なのは一戸建てよりも集合住宅が多くなっています。石油情報センターの価格に合わせた提供手法です。

石油情報センターとは、地域毎の小売価格の平均値を打ち出している一般財団法人 日本エネルギー経済研究所ですが、平均的に高いガス料金設定で利益率を確保を優先していきたガス会社が持つ平均値です。つまり、当協会が推奨する適正価格とは違い、高いガス料金も含まれた数値となってしまう為、適切な価格帯ではない事がわかります。

もちろん、当協会を経由せずとも良心的な提案を続けているガス会社は存在していると思いますが、大多数が当協会とは真逆の考え方によって運用されています。

本来であれば、大手ガス会社が率先して業界の適正化をリードするべき存在となっていますが、大手ガス会社は販売店へと卸す立場にも位置している為、販売店よりも露骨に安い価格設定は行わない事が多いようです。

高い方と安い方の平均値は、当協会が表現している適正価格よりも大幅に高く、消費者の負担が大きい状態となってしまいます。

大家様と一括契約をする集合住宅は、入居者側に選択の自由がなく、大家様向けに充実したプランを提供しながらその分入居者側の負担を大きくしていますので、そうした価格が適正であるとは考えられません。特にマンションやアパートでは露骨に高い料金設定にされている事があります。適正価格と比較するとひと月で数千円単位も高い設定になっている事も少なくありません。

羽村市の適正価格は何故安い?

ガス代を無理なく節約、光熱費削減する方法とは

地域最安値価格帯の供給体制

当協会で推奨している適正価格は、実際にガス会社が供給できる価格です。エネルギー自由化が始まり、消費者にとってもエネルギー選択が一般的になってきています。

また、このように地域でも安価な料金提案ができるガス会社のみで構成されており、当協会の活動に賛同して頂けるガス会社のみとなっています。

多摩エリアからのご相談はこれまでにも数多く頂いており、ご相談いただく方の実に8割以上が適正価格よりも高い料金設定であることがわかってきています。適正価格に見直すことで大幅なガス代の削減が可能となるでしょう。

当協会のご案内するガス料金は契約後の不当な値上げがなくずっと安心できる住宅環境へと改善できる内容です。

当協会ではガス会社の利益構造を重視した不当な値上げ行為を禁止しています。消費者目線で供給し続ける事ができるよう規制を設け、消費者を守る活動を展開しています。

消費者を守る事をお約束するため、当協会では適正価格見守り保証書を発行しています。ご案内したガス会社が契約後に値上げを繰り返しては本末転倒ですし、当協会の信用問題です。これまでのガス会社が一般的に行ってきた不当な値上げが一切ない安心の住宅環境をお約束しています。

物件状況に合わせた最適化

羽村市内には一戸建てや集合住宅など様々なプロパンガス物件があります。その契約内容によってベストな選択は異なってきます。

特にご相談が多い集合住宅では、一戸建てよりも契約内容が複雑です。大家様の運用メリットが高いガス会社の場合、入居者が圧迫されてしまうからです。しかし大家様にとっても入居者の方にとっても最適なバランスを導き出します。大家様にとっても今と同等もしくはそれ以上のサポートを提案しつつも入居者の方にとっても今よりもガス料金が安くなり、適正価格帯を維持する事ができるガス会社を調査しご案内する事が可能です。

もちろん大家様の様々なご要望を盛り込み過ぎるとバランスが悪く、適正価格を上回ってしまうケースもあります。消費者となる入居者様にとって住み良い環境が土台となるようベストな提案に努めております。

一戸建てで注意が必要となるのは、建売住宅を購入される方や中古物件を購入される方です。築年数が10年以上経過している物件は比較的問題がありませんが、特に築浅の物件では自由にガス会社を選択できない場合が問題になっています。不動産売買時にガス会社が指定されている場合はご注意下さい。ガス会社の負担によって設備機器やガス配管、設置工事が行われている為です。ガス会社の負担で行えれば建設費用が抑えられます。建売住宅では、入居されてから高いガス料金で悩まれる方からのご相談が一定数いらっしゃいます。多くの場合は無償貸与契約(10年〜15年)が組まれており、解約にはそれなりの違約金が発生してしまうのです。

羽村市のプロパンガス地域情報

羽村市でプロパンガスをご利用状況を調査しており、ガス料金に関する適切なアドバイスが行えるよう情報収集を行っています。

みなさま消費者の声を直に聞く事で、羽村市のプロパンガス実態が把握できるようになってきています。

羽村市だけではなく、隣接する多摩エリアでは東京都内の中でもプロパンガス利用率が高くなっており、たくさんのご相談が寄せられてきました。

電力に始まり、都市ガスなどエネルギー自由化が進んでいます。しかしプロパンガスのメリットを選ばれる方もいらっしゃいます。

プロパンガスは災害に強いエネルギーとされており、震災が起きても復旧が都市ガスに比べて非常に早く安定した生活基盤を作る事ができるエネルギーとして東日本大震災以降見直されてきました。

羽村市は多摩エリア西部に位置し、都内では最も人口が少ない市です。1970年頃から人口増加となり2010年頃には57032人に増えていきました。2015年は55833人、2020年(9月自転)では、54,879人となっており、年々減少傾向となっています。また60歳以上の年代が14491人で全体の26%ほどとなっています。年代別人口をみても、若者よりも40代以降の年代が多い事からこれから少子高齢化が訪れる事になると考えられます。

全国的に抱える少子高齢化現象は、エネルギー業界へも波及してきます。活動を活発に行う人口減少は店舗運営が厳しくなり、サービスの低下や新規店舗の減少に繋がり、経済低下を招くでしょう。街全体の活性化の足かせとなります。それはプロパンガスの消費動向にも表れてくる事が容易に想像できます。

羽村市内でも都市ガス化が進む一方で、プロパンガス業界は時代の岐路に位置していると言っても過言ではありません。

今後、プロパンガス業界が生き抜く為には、これまでのような悪しき習慣を脱却し、消費者に求められるサービスへ変革する必要に迫られています。当協会では日々消費者の声が寄せられてきておりますが、それらを統計的に鑑みると、プロパンガス会社は多くの課題に直面し激動の時代になると感じています。

また、消費者のニーズを汲み取る事はガス会社だけではなく、不動産関連会社や大家様にとっても重要な課題となるでしょう。

時代とともに大きなエネルギー革命がこれから先も起こるかもしれません。ガス会社主体ではなく、消費者主体で捉え、業界が長らく続くよう体制を整えなければなりません。

羽村市は緑豊かであり、都心部へのアクセスもよく住み良い環境です。栄町や緑ヶ丘には工業や商業地域もありますが、JR青梅線から多摩川の間は特に住宅街ですが田畑も多くのどかな地域です。子育てにも環境は良く、移住される方もたくさんいらっしゃいます。

ガス料金が安く住みよい町づくりの一助となれるよう適正価格の物件を1軒でも多くなるよう情報発信を行っていきます。

当協会では、現在のガス料金の診断〜適正価格化まで全て無料でご案内を行っています。お気軽にご相談ください。

集合住宅オーナー・大家様のメリットとは

羽村市内にはプロパンガス仕様のマンションやアパートがたくさんあります。緑ヶ丘、羽東、羽西、小作台、五ノ神、神明台など広範囲に点在しています。

集合住宅からのご相談では、高いガス料金設定となっている事が多く、適正価格へ見直す事で入居者に優しいガス料金に変える事ができます。

大家様にとっても運用しやすく、入居者様にとっては今よりもガス代が安くなる事を最低条件としてご案内していきます。


大家様の設備メリット
ガスコンロ
給湯器
エアコン
ウォシュレット便座
テレビドアフォン

上記は一般的なサポート内容です。ガス会社は一般的に給湯器の保守メンテナンスとなっておりますが、物件状況次第では、それ以上のサポートを受ける事ができ、住宅設備機器を強化する事ができるでしょう。

大家様、入居者様ともに満足度を高める事ができるご案内に努めてまいります。

飲食店経営のプロパンガスメリットとは

羽村市内にはラーメン屋や中華料理などガス使用量が多い飲食店もたくさんあります。都市ガス利用も多いようですが、火力や容量の問題から都市ガスでは賄いきれない運用によってプロパンガスを選択される店舗もございます。

ガス使用量が比較的多い店舗へは非常に安価なガス料金提案が可能となっており、1ヶ月で数万円値下げが可能な場合もあるほどです。


飲食店の設備メリット
給湯器
ガスコンロ
フライヤー(ガス会社による)
卓上コンロ(ガス会社による)
ガスオーブン(ガス会社による)

物件状況やガス会社との契約内容によってもご案内は異なってまいります。

飲食店や店舗経営をされている方は当協会までご相談ください。

羽村市の対応エリア一覧

東京都内のプロパンガス料金比較

まずはお気軽に!無料相談はこちらから